CHECK

初めてのペット火葬だから心配?まずは基本的なポイントを知っておくが大事!

こちらのサイトは、初めてのペットのお葬式を迎えることになった際にお葬式の基本的なポイントについて解説しているのですが、ペット火葬はペットの種類および大きさで費用が変わってくることや業者により金額が異なるので、必ずペットのお葬式を専門にしている葬儀社に対して見積もりの依頼をすることが大切です。
また、価格が安いからといってその会社に火葬の依頼をしても大丈夫なのか、トラブルを避けるときのポイントなども解説しているので参考にされることをおすすめします。

初めてのペット火葬だから心配?まずは基本的なポイントを知っておくが大事!

初めてのペット火葬、このような経験をすることはペットを飼う以上は必ず訪れてしまうけれども、基本的なポイントを知っておけばスムーズにペット火葬や供養を行うことができます。
ペット火葬を行うためには適切な安置方法が求められるのですが、安置するときに大切なことは体の変化に対処すること、遺体をきれいに保つなどが重要です。
それと、ペット火葬のときには生前好きだった食べ物やおやつなどを準備しておく、火葬の際に棺の中に入れてあげたりお供えなどで使いましょう。

葬儀会社や寺院へ連絡は?役所への手続きは必要?ペット火葬の準備でやることをチェック!

一緒に過ごしていたペットが亡くなってしまったら、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。
心の準備をしていても、いざその日が来ると慌ててしまう人も多いはずです。
ペットが亡くなったらまずやることは、ペットとのお別れのための時間を取ることです。
最後のお別れは誰にも邪魔をされることなく、ペットを囲んで家族と一緒に過ごすのも良いでしょう。
この時、できるだけ早い段階で目を閉じてあげて、体液などに備えてペットシートの上に寝かせます。
心境が少し落ち着いたら葬儀会社に連絡します。
ペット火葬を専門的に引き受けているペット火葬会社を利用する例が多く、プランによっては火葬だけではなくお骨の拾い上げや埋葬なども行うことが可能です。
寺院と連携しているペット火葬会社を利用すれば、寺院探しは省くことができます。
人間とは異なり、ペット火葬については役所への手続きなどは必要ありません。
心を込めてお別れをサポートしてくれる会社を探し、家族みんなで見送りましょう。

ペット火葬するまでに重要!遺体安置の方法にも細心の注意を!

大切なペットが亡くなってしまったら、あわててしまうかもしれません。
しかし、時が経つにつれて、ペットのご遺体の状態は悪くなっていきます。
ペット火葬まで少しでも綺麗な状態で保っておくためにも、遺体安置には注意しておく必要があります。
まずは、汚れを拭いたりブラッシングをしたりして、綺麗にしてあげましょう。
体が硬直してしまう前に、体や手足を丸めてあげてください。
その後は、腐敗を防ぐためにも日陰の涼しい場所に移動します。
段ボールや市販の棺が体液などで濡れないようにタオルや新聞紙などを敷き、ご遺体を納めます。
さらに、状態を保つためにドライアイスなど保冷剤で冷やしてあげると良いでしょう。
結露でご遺体が濡れてしまわないようにタオルなどで包み、頭やお腹に当てます。
保冷剤をこまめに変えて、冷たい状態を保ってあげてください。
ペット火葬を行う前は、ご遺体のまわりにペットが好きだったおもちゃやおやつなどを入れてあげましょう。

ペット火葬だけでなく葬儀までするなら、当日の大まかな流れは知っておくべき!

はじめて犬や猫をペットとして飼うと、これほどまでに愛おしくかわいい存在であることを知って驚かされることも多々あります。
わが子でもしないような愛情表現を犬や猫は行ってくれます。
自宅に帰れば真っ先に富んできて、こぼれんばかりの愛情表現をします。
外出する時には物悲しい表情で、永遠の別れのように別れを惜しんでくれるんです。
これだけ無償の愛を与えてくれると、死別でお別れする時には奈落の底に突き落とされたような深い悲しみに成ります。
だが悲しんでばかりではいられません。
きちんと弔い、供養してあげることが大事です。
ペット火葬を単に火葬場にもっていくだけではなく、きちんと愛犬のために葬儀をするのであれば、その当日の大まかな流れを知っておく必要があります。
まずはなくなったら霊園に一報し、お迎えを待ち霊園に連れて行きます。
そこでは僧侶による読経と焼香、献花をし最後の別れをした後出棺します。
そしてペット火葬で荼毘に付され、墓地や共同供養塔に埋葬となります。

ペット火葬の費用が心配?そもそも相場とは?

ペットを飼っている以上いつか必ず訪れる別れ。
そのような事態になった時に慌てないためにもペット火葬の費用の相場を知っておきましょう。
ペット火葬で掛かる費用はペットの大きさや体重、火葬方法によって決まっているのが一般的です。
また火葬業者が自宅まで来る訪問火葬か、亡くなったペットを施設まで持っていく施設火葬かにもよって費用は変わってきます。
訪問火葬では体重が2キロ未満でフェレットなどは14000~20000円(この幅は合同葬・個別葬・家族立ち合い葬によります)で、2㎏から5㎏の猫やウサギは17000~22000円、5㎏から10㎏の小型犬は20000~25000円、10㎏から15㎏の中型犬は25000~30000円、15㎏から20㎏の中型犬は30000~35000円、20㎏から25㎏の大型犬は34000~39000円で、25㎏から30㎏の大型犬は39000~44000円で、30㎏以上の超大型犬は45000~50000円が一般的な相場です。
施設火葬はこの値段より2000~3000円安くなることが多いです。
大切なペットとの最後のお別れなので複数の会社と比較し家族が納得できる内容や料金設定の所を選びましょう。

ペット火葬をするときに喪主は誰がやればいいのか

ペット火葬をするときに誰が喪主をするのか気になるかもしれませんが、基本的には飼い主がやることになります。
仮に飼い主が小さい子供や高齢者で実際に対応するのが難しい場合は両親や他の家族が対応することになりますから、大体の場合は家族の誰かがやることになる筈です。
親戚の人に任せられる場合は、そのような方を探してお願いをすることで喪主になって貰うようなこともできます。
ペット火葬は人間の葬儀よりも簡素化されているのが普通なので、多くの人が参列するようなケースは少ないです。
そのためペットとの最期のお別れは飼い主や家族などの限られた人達だけが参列しますが、多くの人に供養をして欲しい場合は規模を大きくしてお別れ会を別途に用意することもあります。
そこまで難しい作業をすることはありませんし、専門業者を利用することでスムーズにペット火葬をすることができますから、何か悩みがある場合は早めに業者に相談をしておくと安心です。
ペット火葬にも種類があり移動式火葬車を利用して火葬をするスタイルや、施設で火葬をする場所もありますから、どこで火葬するのかは各自で自由に選ぶことができます。

個別火葬でもいくつか種類があるペット火葬について

ペット火葬については合同火葬と個別火葬があります。
大きな違いは飼い主にペットの遺骨が返却されるかどうかです。
個別火葬でしたら、その後飼い主の手で供養することが可能となります。
ペット火葬については、専門業者に依頼するのが一般的な方法です。
専用の火葬炉を持っている業者の場合は直接持ち込んで依頼します。
その際、ペットの告別式をその場で行うこともできます。
都心部などそうした施設を持てない事情があるところは、火葬炉の付いた車で引き取りに来てくれる業者にお願いします。
その際は火葬車でご自宅周辺や思い出の地を走りながら火葬を行います。
持ち込む場合も火葬車の場合も、終わったら遺骨を引き取るか業者が管理する共同墓地に埋葬してもらうかを選ぶことができます。
ペット火葬は業者によって料金や方法がまちまちです。ペットをなくして辛い気持ちの中ですぐに手配しなければならないのは難しいことですが、色々な業者を比較検討して選ぶことが大切です。

ペット火葬で利用できる移動火葬車の注意点

ペットが亡くなった場合人間と違って埋葬法などはなく、しっかりとした法律はありません。
人間のように火葬場で行っても良いですが、移動火葬車を使用して行うことも可能です。
このようなペット火葬は訪問火葬とも呼ばれており、自宅近くで弔うことができるため近年注目されている方法でもあります。
ペット火葬を移動火葬車にて行うメリットは、24時間365日対応可能な業者が多いこと、思い出の場所や散歩コースなど希望の場所で行うことができることがあげられます。
時間に余裕がない場合も利用することができ、さらにペットとの最期の時をゆっくりと過ごすこともできます。
一方でデメリットも存在します。
火葬車は一見すると通常の車のようであり、違和感はありません。
ですが業者によっては煙や臭いが発生する車を使用していることもあり、注意が必要です。
そのため業者選びをする場合はどういった車を使用するのかをしっかりと確認し、無煙、無臭タイプの車を選ぶことが大切になります。

ペット火葬の所要時間はペットの体重によって変わる!

ペット火葬を検討している方の中には、どの程度の時間がかかるのか気になっている方も多いかと思いますが、ペット火葬の所要時間はペットの体重によって大きく変わります。
具体的な時間は火葬施設によって若干異なりますが、ハムスターなどの2kg以下の小動物では20分ほどの時間を要するのが一般的です。
猫・ウサギ・チワワなどの3kgほどのペットは40分ほど、柴犬やパグなどの7~15kgのペットは60分ほどが目安です。
また、ボーダーコリーや紀州犬などの15~25kgのペットでは60~100分、ゴールデンレトリバーやハスキーなどの25kg以上のペットでは100~120分ほどかかります。
なお、上記の時間はあくまで火葬に要する時間で、火葬炉を冷却する時間や収骨する時間は含まれていません。
加えて、火葬前に葬儀を行う場合はその時間もかかるので、上記の時間に加えて1~2時間程度かかります。
そのため、ペット火葬を依頼する際は、火葬時間プラス1~2時間ほどを目安にスケジューリングしておきましょう。

ペット火葬で海洋散骨をする場合の注意点とは

ペット火葬には様々な方法があり、人と同じように執り行うことが多いです。
人のように埋葬法などはなく、近所に配慮をする、公園などに埋葬しないなど配慮をすれば比較的自由に葬儀を行うことができますが、近年注目されているのが海や自然に散骨する方法になります。
ペット火葬の場合お骨を散骨してはいけない場所などは明確に定められていません。
ですが節度あるマナーを守ることが必要であり、海洋散骨をする場合は適切な場所で行う必要があります。
また散骨をする場合は環境への負荷を減らすことからできるだけ細かくする必要があり、粉末もしくはパウダー状にしなくてはなりません。
このようなことから散骨は周囲に人がいないような静かな場所が良く、逆に船の往来があるところや、人が遊ぶことが多いビーチ、釣り場や漁港は適しません。
なおお骨を自分で粉末やパウダー状にすることは難しいので、海洋散骨を専門に行っている業者に依頼する必要があります。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬のいろは

こちらのサイトは、初めてのペットのお葬式を迎えることになった際にお葬式の基本的なポイントについて解説しているのですが、ペット火葬はペットの種類および大きさで費用が変わってくることや業者により金額が異なるので、必ずペットのお葬式を専門にしている葬儀社に対して見積もりの依頼をすることが大切です。また、価格が安いからといってその会社に火葬の依頼をしても大丈夫なのか、トラブルを避けるときのポイントなども解説しているので参考にされることをおすすめします。

Search